キッチンとダイニング、食器棚、収納すべて手づくり
琉球畳と唐松朝鮮貼りのリビング
西国分寺 Y邸
リフォームということで限られた空間ではあるが、既存のものも生かしながら自然で落ちついた空間が実現できた。木、土、漆喰、紙等の素材の魅力もさることながらダイニングキッチンの壁をほんの少し外に出して、収納とスペースを確保したり場所に応じた窓の取り方と窓辺の演出、そして手持ちの食器に応じて高さを決めた棚を持つ造り付けの食器棚等々。リフォームならではといえるきめ細かいプランは、設計者であり造る人であるという光風林のスタイルだからこそ実現したデザインである。
Yさんは以前に2度のリフォームを経験されている。1度目は木造平屋から2階建てへの大規模なリフォーム、2度目は2階の一部増築工事。家族生活の変化に対応してリフォームを繰り返してきたが、なかなか自分の思い描いていたものが実現しなかったという思いがあった。夫人は趣味で織物をされており、ゆくゆくは住まいで自作の展示会も行いたいという希望も持っておられ、今回は息子さんたちの自立をきっかけに本当に居心地の良い大人の住まいを得たいと設計施工を依頼された。 主に1階部分のリフォームで、ダイニングキッチン、居間、洗面所〜風呂〜トイレの水周りと玄関そして玄関周りの外装も改装した。